立川市消防出初式 20060108

2006年1月11日 11時23分 | カテゴリー: 活動報告

地域の消防活動を担うありがたい存在

 暮れからお正月にかけて記録的な寒さだったので、サンサンロードで行う出初式は、さぞかし寒いだろうと予想していましたが、思った程ではなく、昨年より時間を遅らせたこともあって、日もあたり、整然とした中でも和やかな出初式でした。

 消防団は「自分たちのまちは自分たちで守る」の言葉通り、職業がありながら、訓練を重ね、地域で火災が発生した場合には初期の消火活動をしてくれる頼もしい存在です。阪神・淡路の震災の折にも、消防署や警察よりも、まず地域の人の手が火災や救助活動に携わったということです。

 消防団の方々の無事と火災や災害が起こらない年になるよう祈りつつ・・・