テレビをつけない生活

2006年1月7日 09時05分 | カテゴリー: 活動報告

多すぎる情報から身を守る

 お笑いも、見れば笑ってしまうけれど、お正月の異常にテンションの高い番組が嫌で、あまりテレビをつけないで過ごしています。テレビを持たない家庭もあるぐらいですから、それに比べれば、見ているとは思いますが。イチローのでたドラマはちょっと観てしまったし・・・。

 特に朝、ニュースを見るためにつけていましたが、耳だけで聞いているつもりが、興味のある話題などあると手や考えていることが止まってしまうので、つけないと本当にすっきりします。

 観たい番組はコマーシャル抜きの録画をします。これが、またすっきり。昨年、テレビ局の買収問題が話題になって、放送の公共性が強調されましたが、コマーシャルに公共性ってあるのだろうか?たばこのCMは見なくなりましたが、アルコールのCMは多いと思います。飲みすぎればとても高い確率で生活習慣病になるのに・・・。蛍光増白剤が入った洗剤で白く染め上げ、健康や環境に配慮しない商品とか・・・。

 それでも、表現の自由は侵してはいけないと思うから、観る側の自主規制で対抗しています。