2004年度政務調査費報告

2005年5月4日 12時49分 | カテゴリー: 活動報告

 立川市の議員の政務調査費は1ヶ月2万円支給されます。これは、議員が勉強したり、先進例を調査して、見識を深め、議案審議や条例提案に役立てるためのものです。坂下かすみの2004年度政務調査費収支を報告します。

収入済額(240,000円)−支出済額(238,785円)

=差引返還額(1,215円)

差引返還額は、立川市に返します。

支出内訳概略 (合計 238,785円 )

研究研修費  57,605円
 八ツ場ダムについての研修、児童福祉についての研修、など

調査旅費      125,120円
 視察:八ツ場ダム(群馬県長野原町)古タイヤ処理施設(高知市)アダプションプログラム*(香川県善通寺市)ごみゼロ宣言のまち(徳島県上勝町)その他研修交通費 
 
 *「アダプションプログラム」とは、市民や地元企業が“里親”として一定区画を自らの養子(アダプション)とみなし,定期的に清掃し面倒をみる取組みです。
  
資料作成費   6,490円
 コピー代、写真現像代

資料購入費  21,653円
 書籍:子ども白書、ワークショップ入門、宮原町総合振興計画、公立中学校の挑戦、都市環境と子育て、など

通信費       17,070円
 議員控室インターネット通信料、切手代

その他の経費     10,847円
 ファイル、フロッピー、カメラ電池代