新生小学校見学

2005年4月27日 06時16分 | カテゴリー: 活動報告

 改装した新校舎に、今年の4月から移転した新生小学校を見学してきました。 
 多摩川小学校と南富士見小学校の統合で、1年前に生まれましたが、やっと旧南富士見小学校校舎の改築が終わり、旧多摩川小学校から移ってきたばかりのところに伺いました。

 「神奈川県茅ヶ崎市の浜之郷小学校や緑が浜小学校の取組み、 福島県の三春町の取組みを参考にしています。」と松野校長先生。目指す学校像を「共に学び、一人一人が輝く学校」として、さまざまな試みをお話して下さいました。
「子どもが大好きだ」とまっすぐにおっしゃる松野校長を中心にどんな学びの場になるのか、これから楽しみです。改築された校舎はオープンスクールの造りで、廊下側に壁がなく、学年共通のスペースもあります。
全学年の授業をひととおり見学させていただきました。発表の練習や調べ学習で、動きのある授業もあれば、一般的に椅子に座っている授業もあり、総じて活気のある子どもたちに接することができました。

 今は亡き、浜之郷小学校の大瀬敏昭校長先生が「学びの場を作る」という想いに燃えて、お話をしてくださり、構内を案内してくださったことは忘れられません。立川にもその芽が生まれたことに感謝し、育てていきたいと思います。