砂子連総会参加

2005年4月5日 10時27分 | カテゴリー: 活動報告

こんぴら会館

 砂川地区の子ども会の総会にご招待いただき、出席しました。この地区は、子ども会出身のジュニアリーダーや青年リーダーが元気に活躍していて頼もしいかぎりです。

 17年度は役員が新しくなり、旧の役員さんは、引き継いでほっとしている様子でした。残念なことに、単位子ども会がひとつ解散するということでしたが、地域に子どもがいるのに、育成者(保護者など役員を引きうける人)がいないため、活動が続けられないというのは、今のご時世なのだと思います。

 私の恩師が、戦後子ども会活動を始めた頃、親たちは、日々の生活を送ることに精一杯で、子どもが地域に置き去りにされている状況だったそうです。何とかしなければと、地域の子どもたちを集め活動を始めたそうです。

 時代は移りましたが、女性のパート労働が増加する中で、戦後と同じような状況で、子どもたちが地域に置き去りにされないようにしなければなりません。