映画「こんばんは」

2005年1月24日 15時19分 | カテゴリー: 活動報告

2005.1.14

 良い映画を観ました。夜間中学のことを取り上げた、「こんばんは」というドキュメンタリー映画です。
 いろんな人がでてきます。生活のために仕事をして、学校へ行けなかった老人、日本語を学ぶ韓国や中国からの引き揚げ者、昼間の学校で不登校になった青年、夜間中学へ来るのが毎日楽しくて仕方がない教師……

 この映画会を企画した、立川「こんばんは」上映実行委員会の、共同作業所柿の木カンパニーの中田 智子さんは、こう言っています。
 「昨年9月に、この映画に出会い、映画に登場する夜間中学に通う人々の<学ぶ>ことへの思い、人間としての魅力、また夜間中学校の学校の雰囲気、とりわけ教師の方々の眼差しの暖かさ、<学ぶこと>が<生きる力をつける>ことにつながっている場の豊かさに、ただ惹きこまれていくばかりでした。……そして立川の多くの人たちとこの印象を共有したい、と思いました。」

 私も、今の中学生に観せたいと思いました。たまたま会場であった、私の子どもの同級生のお母さんも「子どもたちに観せたいね」と。また、ある地域で子どもに関わっている方からは、「立川にも夜間中学を作らなくちゃ」と。

HPがありますので、興味のある方はこちらへ
http://konbanwa.web.infoseek.co.jp