地域力・市民力を高める議員研修

2003年7月10日 15時27分 | カテゴリー: 活動報告

6月28日「ネットの政治」を実践するための第1回目の議員研修に参加しました。本来立法府である議会ですが、地方議会では議員提出の条例提案などはなく、行政側で作成した市長提案の条例を審議することがほとんどです。一般質問や委員会での質問は、良くて政策提案、提言となりますが、「要望します」で締めくくらざるを得ないとき、「なんで行政にお願いしなくちゃならないの?」と自己嫌悪に陥ります。
 議論で行政側を納得させるだけの材料と力量がないことが分かるからです。
 立川ネットでも、「子どもの権利条例」や「地下水保全条例」をつくると政策に掲げていますが、行政が動かないなら議員や市民が条例をつくって提案しても良い訳です。
 調査、条例案づくり、関連法規との関係、予算等など、一議員や一ネットでは困難なことでも、今回は、他地域とネットワークを組んで一年間かけて議員提出議案を作ってみようという実践型の研修になっています。
 立川ネットで一年後、研修・活動が実って、どんな条例を作成しているか、議会に提出できているか、私も楽しみです。