歩いていける距離に・・・

2003年7月10日 15時29分 | カテゴリー: 活動報告

昨日、中学校の授業参観と保護者会の合間の時間を縫って、「NPO法人
高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会」のお話を聞いてきました。高齢者が気軽に入れるレストランがあったらいいなから始まって、ニーズ調査のため地域の会館で、月1回の食事会をした話から伺いました。
 食事会を行うまでは、和食で、脂っこくなくて等々考えていたら、
実際は、ビフテキ大好きな方や、味の好みも様々なことが分かり、普通に健康を考えた食事を、個々で、柔らかめにするとか、量を少なくするとか、細かくきざむとかの対応がサービスになることがわかったそうです。そこから、「レストランサラ」「ひろばサラ」「デイサービスサラ」と活動は広がり、自分の家から歩いていける距離にこんな所があったらいいなと思える場所になっていました。
 もちろんお昼は、「レストランサラ」の食事をいただきました。「日替わり」は二種類あって、昨日は「鰈の煮付け」か「ピーマンの肉詰め」、それに肉じゃが、ひじきの煮物、青菜のお浸し、漬物、ごはん、味噌汁で850円でした。生活者ネットのメンバー4人と「こんなお店やってみたいね」「きれいに盛り付けされておいしそう」などワイワイおしゃべりしながら、おいしくいただきました。